年齢とともに失われるお肌の張りをたるみ治療で回復しましょう

私はたるみ治療を受けたことによって実年齢よりはるかに若返った友人の顔を見つめながら、私も顔の弛みを解消すべく努力しようと心に誓いました。

それにしても気になるのは、どうして顔の皮膚は年齢とともに弛んでしまうのかということです。

いつまでも若いときの肌の張りを保てたらそもそもたるみ治療を行う必要もありません。

私がそう不満を述べると「日頃美容に無関心だった貴方が言うセリフじゃないわね」

と苦笑されてしまいました。

もっともです。

「それに肌の老化は二十代から始まっていると言われているのよ。若いからといって油断は出来ないわ。実際若いうちからたるみ治療を受けている人も少なくないのよ」

頷く私に友人が言葉を続けます。

「そもそもお肌が弛んでくる原因は大きく分けて三つあると考えられているわ。そのうちの一つはお肌の弾力が年齢とともに失われていくこと。二つ目は皮膚の下の脂肪部分が肥大化してしまうこと。これもやっぱり歳を取ることが原因ね。脂肪部分の代謝機能が衰えてしまうのよ。三つ目の原因が顔の筋肉が弱まってしまうこと」

友人は指折り数えながら一つ一つ弛みの要因を説明してくれました。

友人が顔の皮膚が弛んでくる原因を私に教えてくれました。

結局歳を重ねることによって皮膚や筋肉の質が衰えてくるという人間なら誰でも起こる現象に基づくものだということを私は改めて思い知らされます。

「つまりどう足掻いても顔の皮膚が年齢とともに弛んでくるのは避けられないのね」

私が溜息を吐くと友人が「顔のたるみ具合にも個人差があるのを忘れちゃいけないわ」

と注意してきました。

「仮に貴方がたるみ治療を受けるとしても、肌のたるみ具合が小さい方がその際の治療も容易になるのよ。たるみ治療によって顔に掛かる負担も少なくなるわ。顔の弛みを年齢の結果だと諦めずに、少しでも弛み具合を小さくしようと努力すべきよ」

「どうすれば顔の弛みを最小限に抑えられるのかしら?」

「そのためには弛みを引き起こす主な要因を予め知っておくことが大事ね。肌の弛みは空気の乾燥や日光の照射といった外部からの影響と細胞にダメージを与える物質の増殖という身体内部からの影響があるのよ。それを避けるためにはお肌の保護に注意を払いつつ、生活習慣を正していく姿勢が大切ね。ストレスのない生活を心がけ睡眠や栄養を十分にとるように努めていくの。喫煙なんかはもっての他よ」

私は友人の忠告を心にとめました。

Comments are closed.