マッサージは家庭で出来る手軽なたるみ治療です

私は友人のたるみ治療をうけた肌を眺めつつ、その張り具合にビックリしてしまいました。

「そんなにジロジロ他人の顔を見るものじゃないわ」

友人に注意されて私はいつの間にか友人の顔を凝視ししていたことに気づきました。

「ごめんなさい。たるみ治療の効果に驚いてしまったものだから。早めに対策を施した貴方は賢かったわね」

私がそう褒めると友人が首を横に振ります。

「そうでもないわよ。もともと顔に弛みが出始める前に、お肌にシワが出来てくるのは常識なの。目尻や目元といった部分に小さなシワが現れるようになったら要注意よ。そのまま放っておくとシワが大きくなりやがて弛みへとつながっていくの。肌が弛んでくると疲れて見えたり暗い雰囲気になったり、酷いときには実年齢より高く見られたりちっとも良いことは無いわ。年齢に関係なく女性の九割以上がお肌の弛み具合を気にしているそうよ。だから注意深い人は顔の表面にシワを発見した段階で手を打っているわ」

「でも少しのシワや小さな弛みですぐに専門のたるみ治療を受ける人もいないでしょう。しばらく様子を見るんじゃないのかしら」

私の疑問に友人は「普段の生活で出来るたるみ治療もあるのよ」

と教えてくれました。

友人が日常の生活で出来る簡単なたるみ治療法があると言うので、私は是非ともそれを教えて欲しいと思いました。

私の要望に友人は快く頷いてくれます。

「一番手っ取り早いたるみ治療法は手による顔へのマッサージね。これは毎日三分間するだけで大きな効果があるわ」

友人はそう言って、顔の表面や首筋、顎や頬の部分をどのようにマッサージするか教えてくれました。

「顔の表面はメイクを落とすときに同時にマッサージすると手間が省けるわ。首筋や顎は溜まった老廃物をしっかり流し出さなくちゃならないから少し痛いくらいの強さで揉みしだくべきね。それと目の周辺部分のツボをピンポイントで刺激するのも効果的よ。左右の耳をひっぱたり鎖骨部分のツボを指で押す方法もあるわ。大事なのはマッサージを毎日行うのを忘れないようにすることね。マッサージの主な目的は弛みの原因となる老廃物が肌の下に蓄積されないようにすることだけど、そのためには一日二回朝と晩のマッサージが必要なの。特に血の巡りが良くなっているお風呂上がりにするのが最も効果的なようよ。ただし余りにも長時間マッサージをやり過ぎたり、皮膚の薄い部分を強く擦ってしまってお肌を傷つけないように注意することも大切だわ」

私は頷きました。

Comments are closed.